甲状腺

投稿日:

機能亢進症

機能低下症

と甲状腺には、両極端な病気があります。

皆様も一度は耳にした事があったりするのではないでしょうか❓

甲状腺ホルモンの分泌異常からなる病気なのですが

特に女性に多いと言われております。

甲状腺ホルモンは、人が生きるためにとても重要な役割があり

人の身体の細胞のほとんどが甲状腺ホルモンのレセプター

を持っています。

一言で言うと細胞の活性化をしてくれますので、

亢進症は、活性化し過ぎる状態で

低下症は、活性化しなくなる状態です。

 

ではなぜこう言う状態になるのか❓

まず1つは、添加物などの化学物質による影響です。

甲状腺は、添加物などの化学物質から身体を守る

様な働きがありますので添加物などが身体に入り過ぎる状態が

長く続くとその分甲状腺にダメージが大きくなります。

こと状態が続いて甲状腺の働きが落ちてしまう

というものです。

もう一つがストレスです。

甲状腺ホルモンの分泌は

視床下部→下垂体前葉→甲状腺

という順番で司令を出して甲状腺ホルモンの分泌に至ります

ストレスがかかると視床下部がダメージを受けます

そうするとうまく司令が出せなくなり

甲状腺ホルモンの分泌にも異常が出る

という事です。

添加物とストレス

この二つとは我々人にとって身近な存在です笑

もちろん人によって添加物もストレスも

耐えられる量は、違います

添加物などは、厚生労働省などが

ここまでなら大丈夫です。と言った量を数値化しておりますが

人の身体は、みんな違います

大丈夫な人もいれば少しの量でも

ダメな方もいます。

どこまで気を付けるかは個人の判断にお任せしますが

自分は添加物に関しては極端に取らない様にしています。

ゼロにするのはそれでも難しいので

摂るべき栄養素をしっかり摂りましょう‼️

ストレスも同じ事がいえるでしょう

 

本当にいろんな病気がありますねと

甲状腺のおさらいをしていて思いました。

 

 

☆分かりやすく説明するために表現を分かりやすく書いています

 

それでは