ビタミンD

投稿日:

こんにちは‼️

今日は、ビタミンDの話し

ビタミンDは、エルゴカルシフェロールとコレカルシフェロール

という成分の総称で

主に皮膚で作られます。

紫外線を浴びる事によりコレステロールからつくられます。

紫外線を浴びると言っても週に2~3回、10分~30分程度良いと

言われています。

紫外線を浴びすぎても皮膚へのダメージがありますので

良くないですが、紫外線対策を過剰にするのも

身体でビタミンDが作られなくなるので注意が必要です。

 

主な働きは、カルシウムやリンと一緒に行動し

骨を丈夫にします。

なので骨粗鬆症などの骨の病気は、カルシウム不足だけでは

ありません。

ビタミンDやリンがないとカルシウムは、身体に吸収されなく

なります。

栄養は、まさにバランスが大事ですね。

あとは免疫系のナチュラルキラー細胞の活動や

マクロファージの食作用などを活性化すると言われ、

ビタミンDが不足すると免疫力がさがり

がんや歯周病などのリスクが上がると言われています。

 

コレステロールを材料とし紫外線を浴びる事によって

ビタミンDは、作られますので

これを理解してビタミンDが不足しない様に気を付けましょう。

 

それでは‼️